浮気・不倫

時効後の慰謝料請求する方法!3年経ったからと言って諦めないで

こんにちは。旦那さんに浮気(不倫)を2回されてなお再構築中のシアンです。

あなたは時効が来た後、慰謝料請求は出来ないんじゃないかと思ってはいませんか?

実は、時効の期限が過ぎた後でも、慰謝料請求をし、お金を回収することだって可能なんですよ。

そこで今回は、時効後の慰謝料請求について解説いたします。

時効が過ぎたから…と諦めてる方や、もうすぐ時効が来るし…と半ば諦めかけている方、過去の不倫について慰謝料請求を見送ってしまった方など、ぜひ最後までご覧になって下さい。

 

不倫の時効について

まず、不倫の時効についておさらいします。

不倫の時効

  • 不貞行為の事実と不倫相手を知った日から3年
  • 最後に不貞行為(性交渉)があった日から20年

1つ目のは、不倫相手がどこの誰かというのが判明した日を基準として、3年が経つと時効になります。後述しますが、この『3年の時効』を迎えてしまったからと言って、慰謝料請求自体ができなくなるワケではありません。

それとは対象的に、2つ目のは、20年経過してしまうと、慰謝料請求の権利そのものがなくなります。

つまり、最大で20年経ってしまうと慰謝料請求が出来なくなると覚えておいたら間違いはないですね。

不倫の時効について、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事もご参照下さい。
参考不倫の時効について

 

時効後でも慰謝料請求は可能!

では、上記で少し触れましたが、時効を迎えたからと言って、慰謝料の請求が出来ないわけではない理由をお話します。

そもそも「時効」というのは、自動的に時効になるわけではないんです。勝手に時効の手続きをしてくれるわけではないんですよ。

「時効だ」と主張して初めて時効の効力が発揮します。
(これを時効の援用と言います)

つまり、慰謝料を請求された人(=不倫相手、もしくはパートナー)が「これは時効ですよ。だから払いません」という主張をしなければいけないんです。

逆の言い方をすると、この時効の援用をしない限り、慰謝料の支払義務はそのまま相手側にあります。

ですので、時効を迎えたからと言って、慰謝料請求することを諦めるにはまだ早いってことです。

時効の援用をされなかったら

慰謝料を回収できる可能性は残されている。

慰謝料請求する方法

慰謝料を請求する方法は大きくわけて以下の3パターンあります。

  1. 自分で個人的に連絡を取り、慰謝料を払うよう督促する
  2. 内容証明を送る
  3. 裁判を起こす

どの方法で請求するかは個人の自由なので、お好きな方法を選択して下さい。

②の内容証明は、専門家に作成してもらったら確実です。が、専門的知識がなくても、自分で作成することも比較的容易なんですよ。本屋さんとかでも内容証明の作り方に関する本もありますので、少しでもお金をかけたくない、という方は、そういうものも参考になさって下さいね。

③に関しては、全て自分ひとりで片付けようと思ったら、相当の専門的知識がないとまず無理です。多くの場合は弁護士を雇わないといけなくなります。そして、時効後に慰謝料の請求で裁判を起こすというのは非現実的です(理由は後述します)。

そもそも相手を特定しておかないと請求できない

上記の①~③に共通して言えることですが、不倫相手に慰謝料請求する場合、相手を特定させておかなくてはなりません。

「特定」というのは、相手の名前と住所を明らかにさせておくことです。

どこの誰なのかが分かっていないと、慰謝料の請求自体できませんからね。

こちらもCHECK

参考慰謝料請求するなら!不倫相手の特定は必須事項

関連こんな場合は慰謝料もらえない!?貧乏&住所不明

不倫していることは知っている。けど相手が誰だか分からない。でも相手に慰謝料請求はしたい!とお考えの方は、証拠を集めと共に不倫相手を特定させておきましょう。

自分で頑張って調査してみたけど、結局何も尻尾が掴めなかったって方は、プロに相談してみるのも一つの手ですよ。

関連探偵に依頼するメリット・デメリット

時効後に裁判は現実的でない

前述で少し触れましたが、時効後に裁判を起こすことは、あまり現実的ではありません。(出来ないワケではないです)

それは何故かと言うと、時効の援用をされる可能性がむちゃくちゃ高いからです。ほぼ間違いなく時効の援用をされると思っていいでしょう。

弁護士の方は依頼者の話をよく聞いて、依頼者のためになるように動いてくれます。つまり、時系列を説明した時点で、時効の期限に気付かれるということです。

逆の言い方をすると、弁護士の方が時効の期限に気付かないなんてことはないでしょう。

以上のことから、時効後に裁判を起こすのは得策ではありません。慰謝料の回収できる可能性がかなり低くなってしまいます。

 

お金を回収できる可能性について

では、最後に、お金を回収できる可能性についてお話します。

時効が過ぎたからと言って、お金が全く回収できなくなるワケではないんですよ。

時効後の請求の場合、お金が回収できるパターンとしては以下の2パターンが考えられます。

  • 相手が自分の非を素直に認め、「迷惑をかけたから払いたい」と申し出された場合
  • 時効が過ぎてることを気付かずに支払った場合

「迷惑をかけてしまったので少しでも払いたい」という申し出があったとしましょう。

相手が払いたいという意思表示をしていますよね。この場合、相手の意思が尊重されますので、時効が過ぎたからと言って、貰ってはいけないなんてことはありません。そういう申し出があった場合には、素直に受け取っておきましょう。

そしてもう一つのパターン。
相手が時効が来ていることに気付かずに支払った場合。

これはある意味ラッキーと言えるでしょうが、この場合も後から「時効だったの気付かなかっただけなんだから、返してよ!」と言われようとも、あなたに返還義務は発生しません。その点はご安心下さいね。

つまり総じて言えることは、相手が支払ってくれたら、もうこっちのモンですよ(笑)

「時効の援用」をすると慰謝料はもらえない

上述しましたが、時効援用の手続きをされてしまうと、当然ながらお金の回収ができません。

相手側に支払義務がなくなりますからね。

慰謝料を払ってもらえる可能性は低いかも…

時効後の場合、お金が回収できる可能性は『低め』だということを心に留めておきましょう。

最近ではスマホやPC等で、簡単に知識を取り入れることが出来る時代になっています。

専門的な知識がなくとも、検索すれば、何でもすぐに知ることが出来るようになっていますよね。

なので、慰謝料請求をされた後、相手側は「時効」に関する内容だったり、慰謝料を少しでも減額してもらう方法等について色々と調べるでしょう。

以上のことから、余程の情弱か、かなりの誠意ある人でないと、時効後にお金が回収できる可能性はほとんどないと思っておいた方がいいかも知れませんね。

 

まとめ

  • 時効が過ぎても、慰謝料の請求自体はできる
  • 「時効の援用」をされると慰謝料がもらえなくなる
  • お金を回収できる可能性は以下の2パターン
    ①迷惑をかけたから払いたいという申し出
    ②時効そのものに気づいてない場合

とりあえず請求しちゃえ

時効がきたからと言って、請求すること自体を諦めるのはまだ早いですよ。

お金の回収できる可能性としては残されているんですから、とりあえず請求してみたらいいと私は思います。

上述したように、時効が過ぎた後の場合に裁判を起こすのは得策ではありません。なので、請求方法としては、個人的に接触するか、内容証明を作成して送るかの二択になりますね。

どちらにするかはあなたの自由ですが、その際はファーストコンタクトで相手の出方をしっかりと記録に残しておいて下さいね!

もしかしたら「払う」という言葉を言うかもしれない!

例えば、個人的に電話で相手側に連絡した場合や、直接会って慰謝料の督促をした場合など、その会話はしっかり録音しておいて下さい。

と言うのも、初めは相手も情報を調べる時間もなく対応に当たるので、時効が来てるにも関わらず「払います」という言葉を言うかも知れません。

この「払います」という言葉が超重要なんですよ!

もし仮に、後から「いや、時効だから。その手続するからお金は払わない」と言ったところで、最初に「払う」と言っているので、この時点で時効の期間は延長されてるんですよね。

時効の期限が延長するので、時効援用の手続きをしたところで認められなくなります。

相手は支払わなくてはならなくなるワケですよ。

ですので、この相手の初動はかなり重要ポイントです!

ぜひ、この内容はしっかり覚えておいて下さいね。

相手が『払う』というような言葉を使わなかった場合

たとえば「考える時間を下さい」「家族に相談してみます」などと言って、支払の意志について明言しなかった場合も考えられます。

この場合、これは支払意志がある、という表現ではないですよね。これで時効の援用をされると、時効が認められてしまいます。(相手の支払義務がなくなる)

なので、慰謝料の回収をするには「払います」「払うので少し時間をください」などの支払意志を表現する言質が必要なんです。

今回は時効についてのお話が主だったので、こちらの記事もぜひ一度ご参照下さい。時効の期限の延長の仕方についてもご説明しています。

関連不倫の時効について

では、今回はこのへんで終わりにします。
最後までご覧くださいまして、ありがとうございました!

では、また次回お会いしましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-浮気・不倫

Copyright© ふりパニ〜裏切りの代償〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.