話し合い

離婚の種類「協議離婚」「調停離婚」「裁判離婚」

更新日:

こんにちは。過去に旦那さんに浮気(不倫)をされて一度は離婚をしたシアンです。

色々あり、またやり直すことになったので同じ人と再婚しました。
無駄に戸籍を汚してしまったわけです(笑)
今回は離婚の種類と言いますか、「協議離婚」「離婚調停」「離婚裁判」についてそれぞれ説明していきます。

私は今のところ再構築を選んでいますが、浮気・不倫をされて離婚を選んだ方へのアドバイスとして、私は裁判までは行かずに、協議や調停で終わらせるのが一番望ましいと思っております。(理由は後述します)

 

協議離婚とは?

簡単に言うと、お互いの話し合いによって離婚することです。

全ての離婚はほぼ全部、この協議離婚を経てから「調停」や「裁判」となります。

この話し合いで慰謝料や養育費、財産分与、離婚の同意、全ての内容に双方合意した場合、協議離婚で終わります。

離婚には応じるが、慰謝料や養育費、財産分与などに納得がいかなかった場合、話し合いで解決しそうにない時は次の段階の「離婚調停」となります。

ちなみに、全ての離婚のおよそ90%がこの「協議離婚」です。だいたいの方は調停や裁判をせずに自分たちで話し合って離婚している、ということになりますね。

ただ、この協議離婚の場合は、養育費などのお金の面で後々トラブルになるケースが多発しています!

お金の面に関しては、公正証書に残すなど、必ず書面で支払の契約をするようにしましょう。

公正証書に残した場合、仮に未払いがあったとしても給与の差し押さえなどの強制執行の手続きを裁判所の判決を待たずにできるので、時間も手間もあまりかかりません。

ちなみに私もきちんと公正証書に残しました。

 

調停離婚・裁判離婚とは?

上記にも少し書いたように、協議によって解決しない場合に「調停」となります。

話し合いで解決しないからといって、いきなり「裁判」になることはありません。
逆に言うと調停でも解決出来なかった場合に初めて法的根拠を基に判断を下してくれる「裁判」が登場します。

 

離婚調停

「調停」とは話し合いの延長だと考えていいでしょう。
「調停」=「裁判」と思う方もいるかもしれませんが、調停は裁判ではありません。

「調停委員」と呼ばれる離婚問題に詳しい専門家が間に入り、双方の主張を聞いて、双方へそれを伝えてくれます。
そして解決するために、法律に基づいた客観的な立場から提案をしてくれます。

簡単に言うと、離婚の知識のある第三者の人間が間に入って、解決に向けて話し合いに参加してくれるって感じです。
(調停の日は夫婦はそれぞれ別室にて待機して、調停委員がそれぞれの部屋に来て話してくれるため、相手と顔を合わせないで済みます)

 

また、この「調停」は裁判ではないため、弁護士も必ず必要なわけではありません。
なので調停で双方が納得し離婚成立となれば、比較的お金がかからずに済みます。

 

裁判離婚

話し合いで解決せず、調停委員が間に入った話し合いを数回やってもダメだった場合、裁判を起こして解決を図ることができます。

ただ、裁判は法的な知識が必要になってきますので、弁護士を雇うのが普通です。

裁判では提出された証拠を基に、相手側が嘘や筋の通らない話をしても、裁判官が公平に判決を下してくれます。

なので裁判では証拠は最低限必要なんですが、逆に言うと「協議」や「調停」では必ずしも必要ではないわけです。

ただ、浮気した相手に認めさせるという意味でも最初から用意すべきですが。
こちらの有利に話を進めることが出来ますしね。

浮気の証拠については以下の記事を参考にして下さい。

~基礎知識編~

証拠を集める重要性
浮気の証拠とは?
不倫の時効について

~集め方編~

”きちんとした証拠”と”集める手段”
何をどうやって集めるのか?
その他の証拠について

 

協議や調停で終わらせる方がいい!

冒頭で前述しましたが、めっちゃ個人的な意見ですが、私は協議か調停で離婚が成立するのが一番望ましいと思っています。

たとえば、自分で相手の浮気や不倫の証拠を集めた場合、その集めた証拠が「果たして裁判で通用するのか?」と、なかなか素人だと分からないものですよね。

また、慰謝料や養育費など、余程お金に余裕がある場合以外は出来るだけお金を貰いたいと思うのが普通ですよね。

話し合いは双方の合意で決まるものなので、金額に関しても○○円ぐらいにしないといけない、という決まりはありません。
ですから、相手が支払える範囲で自分の好きな金額を設定できます。

夫(妻)が高給取りの方なんでしたら、それなりのお金を請求しちゃえー!って私は思いますよ。

ついでにいうと夫(妻)の不倫相手に請求する慰謝料も金額は自由です。
もし相手が裁判を起こされると困るという場合には、高い金額をふっかけていいと思います(笑)
「その金額が払えないなら裁判ですね」って圧力かけてもいいんじゃないでしょうか。

裁判を選ぶか、その金額を飲むか。選ぶのはその不倫相手の自由です!
浮気・不倫された側は慰謝料を請求する権利はこちらにあるわけですからね!
↑私の性格が悪いのバレてしまいますね(笑)

私の性格の悪さ(笑)が全面に出てる記事
不倫した2人への効果的な復讐法!社会的制裁』も合わせてご覧ください!

 

本当に裁判になってしまった場合、自分で集めた証拠が裁判で使えないものだったら離婚も慰謝料請求も認められないし、また証拠として認められたとしても、高めに請求していた慰謝料や養育費の金額も裁判所を通してしまうと「相場の値段」ぐらいしか貰えなくなってしまいます。。。

私の場合も協議で済んだので慰謝料もお相手の女性からそれなりに貰えましたが、もし仮に裁判になった場合、ほとんどお金を貰うことは出来なかったと思います。

私の浮気され体験

私の不倫され体験談〜それは「本気」と言うのだよ〜

まさかの2回目の不倫され体験!今度は単なる火遊び・・・

なので、個人的には協議、もしくは調停で離婚が成立し、慰謝料や養育費の支払に関してもその時に決めてしまうことが、一番こちら側が有利に働く条件だと思っております。

協議や調停で終わることが出来たのなら、お金もあまりかからずに済みますしね。

 

いかがでしたでしょうか?
今回はわりと最後の方で自分の正直な考えを書いたつもりです(ちょっとグレーゾーンの部分もあるのかな?(笑))

離婚を検討している方や、夫(妻)の不倫相手に慰謝料を請求することを考えてる方はどうぞ参考にしてみて下さい。

少しでもあなたの役に立ちますように。

←ランキングに参加しています。
宜しければ、お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです☆

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-話し合い
-, ,

Copyright© ふりパニ〜裏切りの代償〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.