私の不倫され体験

屈辱…私には『さみしい』なんて言ってくれたことなかったのに

こんにちは。2回も旦那さんに浮気されても再構築を選んだシアンです。

『浮気は心の殺人』と言われていますが、本当にその通りだなと感じる今日この頃です。

心を傷つけられ、その傷が癒えることもなく、そして再構築するにも相手を心の底から信用することは絶対にできず、フラッシュバックと闘い、いつまでもいつまでも苦しい思いをしなくてはなりません。
こっちは被害者なのにおかしな話ですよね。

なんで加害者である旦那さんは普通の顔して生活しているのか。
ふとした時に憎らしく感じます。

浮気した側は『もうそのことに関しては謝ったし、許してくれたんだから、もうおしまいでしょ』って思う方が大半だと思います。

そうじゃないんですよね…。
傷つけられた側は一生その心の傷と付き合っていかなければならないんですから。
浮気した側は一生その傷跡のフォローをするのが義務だと思います。

 

私は1回目の浮気をされた時にメールを見て発覚したんですが、そこには衝撃的なことが書かれていました。

浮気され体験私の不倫され体験談〜それは「本気」と言うのだよ〜

メールのやり取りの中で、
「淋しい。早く会いたい。こんな気持ちになったの初めて」ですって。

実は旦那さん、結構淡白な人で、今まで付き合ってきた彼女たちに『淋しい』という感情を持つことがなかったそうです。
それは私も例外ではなく、付き合っている時に「俺は淋しいって感覚が分からない」とハッキリ言われたこともあったぐらいです。

そんな旦那さんが不倫相手に「淋しい」と言っている。
初めはただその時の流れで言っているだけなのかと思いきや、意外にも本心だったそうで。。。

はい、女としても完璧に負けてしまっています・・・

私は旦那さんに「淋しい」って言われたことがなかったので本当に悔しかったです。
今でもたまに思い出しては胸がしめつけられるような思いです。

旦那さんに裏切られてからは自分を価値のないような人間に感じたり、自分の汚い醜い感情が全面に出ていて心底自分が嫌いでした。

 

今となっては思い出して胸が苦しくなるぐらいで、自分の存在価値がないかのように感じることはほとんどありません。

やっぱり時間が解決してくれるのかなと思います。

それでも浮気された心の傷が癒えることはありませんが、その心の傷ごと自分を受け入れられたのかなと思います。

 

もし、再構築を選んだんでしたら、こっちは被害者で本当にとっても苦しいんですが、終わったことを蒸し返して責め立てるようなことはしないほうがいいと思います。
どうしても苦しくなって責めたくなった時は自分の気持ち、『感情』を包み隠さず冷静に淡々と話したほうがいいです。

どういうことかと言いますと、
「あなたに裏切られたことがとても悲しくて苦しい。」

それ以上はこれからの関係を良好にするためにも何も言わないほうがいいです。

何度も言いますが、こっちは被害者です。
その被害者が我慢するなんておかしな話ですよね。

ですが再構築を選んだのなら、それなりの覚悟も必要です。

私は再構築を選びましたが、旦那さんには再構築を明言せずに「これからどうするのか答えは保留」という形にして、私の限界に達したら離婚という選択をしようかなと考えております。

人それぞれだとは思いますが、自分の逃げ道を作っておかないと自分が壊れてしまいます。
普段から適度なガス抜きも必要ですね。

 

こういう選択もあるんだな、こういった考え方もあるのかと、少しでもあなたの参考になれば幸いです。
少しでもあたなのお役に立てますように。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-私の不倫され体験
-

Copyright© ふりパニ〜裏切りの代償〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.