慰謝料

不倫よる慰謝料を多くもらうための条件とは?

今回は、不倫による慰謝料をより多く貰うための条件についてご説明します。

精神的苦痛を味わったわけですから、出来ることなら多くのお金(慰謝料)を貰いたいですよね。

  • 何が慰謝料を増額させる要因になるのか
  • どうすればより多くの金額が手に入るのか

についてご紹介します。

これから慰謝料請求をされる方はぜひご覧下さい。

 

不倫の慰謝料の目安は?

まず初めに、不倫による慰謝料の相場(目安)についてご説明します。

「慰謝料の相場」とありますが、相場はあってないようなものだと思っておいて下さい。

というのも、不倫とは一つ一つ性質が異なるものですので、「だいたい○○円ぐらい」とは言えない部分があります。

シアン
示談になると金額は自由に決められるので、「相場」はあてになりません

「多くの場合でこれぐらいになる」という大雑把な目安にしかすぎないので、さらっと流し読みしてもらったらいいかと思います。

離婚 or 再構築で金額が変わる

ネットで調べると、だいたい不倫による慰謝料の相場は50万円~200万円と言われています。

それも、その不倫のせいで「離婚」になるか、「再構築」するかで金額が大きく変わります。

  • 離婚になる場合
    100万円~200万円
  • 再構築する場合
    50万円~100万円

離婚に至った場合は、その不倫のせいで夫婦関係が壊れることになるんですから、当然金額は跳ね上がります。

一方、再構築する場合は、法律上では関係が壊れずに済んでいますので、その分金額は低めになっています。

要するに、慰謝料の金額を決める上で一番重要なのは、その不倫によって家庭が壊れたか・壊れてないかが重要ポイントといえますね。

 

慰謝料の金額を決める要因

離婚か再構築かで金額が大きく変わりますが、それ以外にも慰謝料の金額を決める要因は色々とあるんですよ。

慰謝料の金額を決める要因は、

  • 婚姻期間
  • 不倫期間
  • 不貞行為の回数
  • 不倫により精神状態が不調
  • 不倫に積極的
  • 「もうしない」という約束を破った
  • あなた自身に落ち度がない
  • 夫婦関係や生活が円満だった

などが挙げられます。

婚姻期間も不倫関係の期間(不貞行為の回数)も長い(多い)ほうが慰謝料は多く貰える傾向にあります。

不誠実な人

あとは、夫(妻)が不倫に積極的であったり、対応が不誠実な場合は増額されることが多いです。

たとえば、

  • 何度も不倫を繰り返している
  • 「もう彼女(彼)とは別れた」と言っていたのに不倫が続いていた
  • 裁判で判決が出て関係を終わらせたはずなのに水面下で続いていた
  • 裁判中も不倫を隠そうと嘘ばかりついていた

などが「不誠実」に当てはまります。

これらは本当に不誠実極まりないですよね。

このような不誠実な人は、慰謝料が増額されるケースが多いので、相手の誠実さもしっかり見ておきましょう。

あなたに落ち度がない

そして、意外とこれも大事です。

あなたの落ち度

たとえばですが、あなたが原因でセックスレスだった場合、夫(妻)が浮気してしまうのに多少の情状酌量の余地はあると言えるかも知れません。

その他にも、

  • 元々あなたと家庭で会話がなかった
  • 食事を作ってくれない
  • 給料を家に入れない
  • 家事をしない

など、あなたの落ち度がないか今一度確認してみて下さい。

これらがあるからと言って、浮気(不倫)をしていい理由にはなりませんが、

浮気に走ってしまうのも、ある程度の理解ができる場合は慰謝料が減額されるかも知れません。

逆に、あなたに全く落ち度がなく、家庭内も夫婦関係も円満であった場合は慰謝料が増額される傾向にあります。

 

より多くの慰謝料を貰うためには?

より多くの慰謝料を貰いたいなら、何よりも「証拠」が大事です!

「浮気の証拠」はもちろんのこと、「夫婦円満である証拠」も確保しておきましょう。

「今までは夫婦関係も家庭も円満だったのに、その不倫のせいで壊れてしまった」

ということを証明するのがポイントですよ。

夫婦円満を証明するものとして、日記(メモ)が効果的です!

当然ながら嘘の内容はいけませんが、普段の出来事を書くついでに、良い夫婦関係が築けてることも書いておきましょう。

「一緒に○○に行った」
「晩ごはんは○○が好きなハンバーグを作った。おいしいって笑って言ってくれた」
「今日は久しぶりに一緒にお風呂に入った」

など、カップルのような日記で十分OKです。

参考記事

不倫問題における日記をつける重要性

できるだけ示談で済ませよう!

より多くの慰謝料をGETするには、裁判よりも示談で済ませる方が確率的には高くなります。

双方の合意のみで慰謝料の金額を決められるのが示談のメリットですからね。

裁判になってしまうと、どうしてもそれ相応の金額しか貰えません。

上記で挙げた様々な要因を見て裁判官が金額を決定しますので、相場に近い金額になるでしょう。

ですので、慰謝料の額をできるだけ多くしたいなら、示談がおすすめですよ。

こちらもチェック!

示談最強伝説!でもトラブルが心配…

 

まとめ

では、この記事の内容をまとめます。

慰謝料の額を決める要因

  • 婚姻期間
  • 不倫期間、不貞行為の回数
  • 不倫が原因で離婚になったかどうか
  • 相手が不誠実な対応をする
  • あなたに落ち度がない

慰謝料を増額したいなら

  • 浮気の証拠を集める
  • 夫婦関係が円満である証拠を確保する
  • 示談で済ませる

 

「不貞行為」がないと慰謝料請求できません!

そもそもの話ですが、不貞行為がないと慰謝料請求はできません。

不貞行為というのは、肉体関係があるかどうかです。

キスやハグ、手を繋いでデートするだけでは不貞行為に当たらないので慰謝料請求ができません。

シアン
自白したら話は別ですけどね。自白は稀ですが。

ですので、不貞行為の証明出来るものを集めましょう!

ラブホテルを出入りする写真や動画が一番有力です。

中には車や自宅で行為に及んでいる場合もあるので、それを狙って隠しカメラで撮影する方法もあります。

ですが、どうしても素人が撮影したものはピントが合っていなかったり、不鮮明な映像だったりして、証拠として使えないことが多々あります。

どうしても慰謝料請求がしたい!
相手にギャフンと言わせたい!

というお考えの方は、ぜひプロにご相談下さい。

夜でも鮮明な映像を撮ることが出来ますし、何より証拠能力がかなり高いので裁判でも十分に通用します。

自分で証拠を集めるのに不安を感じる方や、慰謝料請求をしたい、相手に制裁したいとお考えの方はこちらの記事も読んでみて下さい。

浮気の証拠を集める理由

 

「慰謝料」に関心のある人が読んでる記事

証拠がない状態で慰謝料請求できる?どうなるの?

こんな場合は浮気の慰謝料もらえない!?貧乏&住所不明

慰謝料請求のための4つの条件!慰謝料をもらいたい人必見

【必見】浮気相手から慰謝料を少しでも多く手に入れる方法

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-慰謝料

Copyright© ふりパニ〜裏切りの代償〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.