話し合い

不倫が発覚したら不倫相手の言い分も聞いてみよう!

こんにちは。旦那さんに不倫を2回もされてなお再構築を選んだシアンです。

パートナーに不倫されたら、その怒りは不倫相手にも行きますよね。

シアン
この泥棒猫が!

って罵りたくなりますよね。

ですが、実は不倫相手に罪がない場合もあるのを知っていましたか? 

実は、既婚者だと知らずに付き合っていた場合は罪に問えないんですよ。

一般的にはパートナーの不倫は不倫相手とパートナーの両方が悪いのですが、

中には不倫相手が騙されている場合もあります。

そこで今回は、

  • 不倫相手が騙されてる(=既婚者と知らずに関係を持っている)場合どうなるのか
  • 慰謝料請求はできるのか
  • 慰謝料請求するには何が必要なのか

などについて詳しくご説明しようと思います。

パートナーが不倫しているかもと疑っている方や確信している方、これから不倫相手と話し合いをする方など、ぜひ参考にして下さいね。

 

不倫をしたパートナーとの話し合い

不倫をしたパートナーは当然悪いです。

仮に何かしらの理由があたったとしても、だからと言って不倫をしていい理由にはなりません。

なので、不倫が発覚した後は、パートナーと腹を割って話しをしましょう。

  • 何が原因だったのか
  • なぜ不倫に走ったのか
  • 離婚するのか
  • 再構築するのか
  • 制裁内容はどうするのか
  • 子どものことはどうするのか etc...

これらは一例に過ぎませんが、話さなくてはならないことは沢山あります。

話し合いは避けては通れない道なので、冷静に話し合いをしてください。

ポイント

言い逃れされる恐れもありますので、話し合いをするのは証拠を集めた後にしましょう!

必見
パートナーの浮気!証拠を集めなくてはならない5つの理由

保身のために平気で嘘をつく人もいます

これはパートナーに限った話ではありませんが、自らの保身のために、平気で嘘をつける人がいますのでご注意ください。

  • 不倫相手に言い寄られて仕方なく
  • お酒に寄って記憶がないうちに関係を持たれて…
  • 断ったけど、その後の報復が怖くて etc...

なんだか漫画のような話ですが、

「自分は悪くない」
「不倫相手が全面的に悪い」

ということを主張する人もいます。

シアン
仮にこれらが事実なら、無理やり関係を持たされたりした場合は警察へ相談に行って下さいね!

パートナーの話だけを聞くと、

「そうか、相手が悪いのか」
「夫(妻)の言ってることも一応筋は通ってる」
「夫(妻)はそこまで悪いわけではないのか」

というように、公平な判断ができず、結局どちらが悪いのか有耶無耶にされかねません。

なので、公平な判断をするためにも、できるだけ不倫相手とも話し合いを持つようにして下さい。

あなたにとっては心底会いたくない相手ではありますが、不倫問題を解決させるためにも、不倫相手に会って、話しを色々聞くことが大事ですよ。

関連記事

さぁ不倫相手と対決だ!話し合いにおける4つの注意点

浮気発覚後はあらゆる想定が大事

 

不倫相手との話し合い

不倫相手との話し合いはできるだけやりましょう!

会いたくないかも知れませんが、電話よりも、直接会って話し合いをした方がいいです。

やはり電話だと、言葉のニュアンスにすれ違いが起こる恐れがあります。

直接会って話をした方が誤解を防止できるので、極力会って話し合いをして下さい。

詳しくはこちらの記事もどうぞ。

不倫相手と直接会って話し合いすべきか?

不倫相手の言い分も聞こう!

不倫をしていたパートナーと不倫相手の両方が悪いのはもちろんなのですが、中には「不倫相手はただ騙されていただけ」という事態の場合もあります。

不倫相手
結婚しているなんてしらなかった…

このような、既婚者であることを認識せずに付き合っている場合は不倫相手に制裁することができません。

不倫相手のことは憎らしく感じますが、このような場合は不倫相手も騙されてる立場です。

このような、あなたのパートナーが100%悪いっていう状態もあり得ます。

なので、不倫相手の話、言い分もしっかり聞く姿勢を持つようにして下さいね。

ポイント

不倫相手が騙されてることもあるので、不倫相手の話もしっかり聞こう

 

もし不倫相手が騙されてる立場だったら・・・

前述しましたが、もし仮に不倫相手が既婚者と知らずに付き合っていたのなら、慰謝料請求などの社会的制裁は一切できません。

  • 既婚者と知らなかった
  • 結婚していることを知る余地がなかった
  • 周りの友人たちも、その人が独身であると嘘の協力をしていた
  • その上で交際していた

このような場合は、不倫相手も騙された立場ですので、罪に問うことができません。

慰謝料請求したかった方は諦めましょう。

シアン
ただし、悪質だということで、パートナーへの慰謝料の額は増額できるでしょう(笑)

ただし、平気で嘘をつく人もいます

不倫相手の話や言い分を聞くことも大事ですが、パートナーと同様、全ての人が真実を正直に話すとは限りません。

保身のために、平気で嘘をつく人は一定数で存在しています。

そのため、不倫相手と話し合いをする場合は、不倫の証拠を確保した上で話し合いに臨みましょう。

その証拠があれば、不倫相手の話の矛盾や嘘を見抜けますので、とっても強力な武器となります。

なので、不倫相手との話し合いまでに、しっかり「不倫の証拠」を集めておいて下さいね。

「不倫の証拠」について、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

参考

【泣き寝入り体験談】証拠がないまま不倫相手と接触したらこうなる・・・

”きちんとした証拠”と”集める手段”

何をどうやって集めるのか?

慰謝料請求したいなら証明できるものが必要!

パートナーの不倫が発覚して、不倫相手に慰謝料請求をしたいとお考えなら、不倫相手が

「既婚者だと知ってる上での関係かどうか」

を証明する必要があります。

メールや会話などで、

「奥さん大丈夫だった?」
「奥さんにバレてない?」

などのように『奥さんがいることを認知している』状況を説明できるものがあればOKです。

メールや会話を録音するなどして、既婚者だと知っての交際関係であることを証明して下さいね。

 

不倫相手が騙されていることもある・・・

これまで説明してきたように、

不倫相手が、既婚者であることを知らずに男女の関係を持っていた

という場合もありますので、全部が全部パートナーと不倫相手の両方が悪いとは一概には言えないんですよね。

もし、既婚者だと知らずに付き合っていたのなら、不倫相手はただの被害者です。

今まで真剣に付き合ってきた相手が実は結婚していたなんて知ったら、精神的ショックはかなりのものになるでしょう。

これは不倫相手も相当かわいそうな結果になると思います。。。

慰謝料請求したい場合は、既婚者であることを知っているかの証明を!

もし、不倫が発覚して、

シアン
私は不倫相手に慰謝料請求をしたい!

と思うなら、不倫の証拠を集める際に既婚者と知っているかどうかについての証拠も合わせて集めておいて下さいね。

メールや会話などで、「奥さん」「旦那さん」を知っているような話をすることもあるかも知れません。

会話を録音したり、メールを撮影&転送・保管するなどして、証拠として使えそうなものはしっかり押さえておきましょう。

会話を録音するのにおすすめなボイスレコーダーをお探しの方はこちらをどうぞ。

浮気調査から話し合いの場におすすめボイスレコーダー

 

あなたが泣き寝入りにならないためにも、証拠集めはしっかり頑張ってくださいね。

 

こちらの記事もよく読まれています

証拠がない状態で慰謝料請求できる?どうなるの?

浮気を疑ったらまずこれをやれ!スマホ・携帯で証拠を見つける方法

浮気の証拠を自分で集めるメリット・デメリット

浮気の証拠:何をどうやって集めるのか?

不倫の時効について

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-話し合い

Copyright© ふりパニ〜裏切りの代償〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.