「きちんとした不倫の証拠」は裁判でも使えるやつ!集める手段は?

今回は、「不倫の証拠の集め方」に関する情報の中で、

  • きちんとした証拠
  • 集める手段、手法

について重点的に説明していきます。

「何をどんな風に集めるのか」などの具体的な集め方について知りたい方は、こちらを参考にして下さい。

「決定的な不倫の証拠」の集め方!何をどうやって収集する?

今回は「不倫の証拠」について、 具体的にどのようにして 何を集めるのか 写真や動画の注意点 などの、具体的な不倫の証拠の集め方について詳しく説明していきます。 一番安心なのは、証拠集めのプロである探偵 ...

続きを見る

これから証拠集めをされる方、慰謝料請求をしたいとお考えの方は特に最後までチェックしてみて下さいね。

 

「不倫の証拠」とは何か

まずは、「不倫の証拠」とは何なのか、簡単にご説明します。

そもそも日本の法律における「不倫」とは、夫や妻以外の人と肉体関係に及ぶ行為のことを言います。

「不貞行為」と呼ばれるものですね。

ですので「不倫の証拠」とは、肉体関係があったことを証明するもののことを指します。

肉体関係があったかどうかが一番の焦点ですので、

  • ラブホを出入りしている写真や動画
  • 性行為に及んでいる写真や動画

のような、肉体関係があったことを示すものでなくてはなりません。

キスやハグ、手をつないで歩いてる写真などでは、肉体関係があったとは証明できないので、不倫の証拠能力はかなり低くなります。

シアン
「ラブホに出入りしている写真」のようにな「決定的な証拠」を手に入れましょう!

詳しくはこちらの記事も参考にしてみて下さいね。

「不倫の証拠」って何?どんなものが証拠になるの?

今回は、 「不倫の証拠」とは具体的にどのようなものを指すのか について詳しく説明していきます。 これから証拠を集めようとしている方や相手に慰謝料請求をしたい方は、ぜひ最後までチェックしてみて下さい。 ...

続きを見る

 

裁判でも通用するものを集めよう!

不倫の証拠は、裁判でも通用するような「決定的な証拠」をきちんと集めましょう。

上述したように、キスやハグのような証拠能力が低いものではなく、

  • ラブホを出入りしている写真
  • 性行為に及んでいる写真、音声

などの、極めて証拠能力が高いものが必要ですよ。

「私は絶対に話し合いで解決させるから、裁判で使えるような証拠はいらない」と思ってる方もいるかも知れませんね。

ですが、それは違います!

この「裁判でも使える証拠」は、あなたが泣き寝入りにならないために必要です。

「私はいらない」
「示談するから大丈夫」

などと思わず、相手に勝つために、あなたが泣くことにならないように、しっかり証拠を集めましょう。

なぜ「裁判でも使える証拠」が必要なのか?

なぜ「裁判でも通用する証拠」が必要なのかと言うと、

  • 相手に言い逃れさせないため
  • 配偶者が自白しない可能性があるから
  • 嘘の供述をする可能性があるためから
  • 示談で解決できるとは限らないから
  • あなた自身が泣き寝入りにならないため

このような理由があるので、裁判でも通用するような証拠能力の高い「不倫の証拠」が必要なんですよ。

言い訳できるようなものはNG!

キスやハグをしている写真だけだったら、

不倫相手
ごめんなさい、その場のノリでキスしちゃっただけで…。それ以上のことはしてないから安心して。

などと言い訳できてしまいますよね。

キスやハグのみの写真では、仲がいいという証拠にはなりますが、肉体関係を示すものではありません。

不倫シタ男
肉体関係を持ったことはない

と主張されればそれまでです。

※言い訳させないために、肉体関係があったことが分かるもの(ラブホの出入りしてる写真など)をしっかり確保しましょう!

【要注意】自白しない、または嘘の供述はよくある!

配偶者や不倫相手が、

不倫相手
不倫してました。ごめんなさい

と素直に自白することは極めて稀なケースです。

大半の人は「いけない関係」であることを自覚しているので、自分を守るために嘘の内容を言うことが多いです。

素直に肉体関係があったことは認めないのが普通です。

※相手が「もう全てバレてるんだ」と嘘を諦めるような証拠能力の高いものを揃えましょう!

話し合いで解決しないことも多い

話し合い(示談)で不倫問題が解決するとも限りません。

話し合いで解決させるのが理想ではありますが、

  • 慰謝料の金額
  • 支払い方法
  • 支払いの期限
  • その他接近禁止等の約束事

などで配偶者、不倫相手と揉める場合がかなり多いです。

また話し合いが無事に済んだとしても、慰謝料の支払い等の約束を交わしたのに、それを守ってくれないケースも多いです。

このようなトラブルが発生した場合、話し合いで解決しないなら、

  • 司法に訴えるか
  • あなたが諦めるか

この2つしか道はありません。

しっかり問題解決を図りたいなら、司法=裁判で訴えるしか方法はないです。

そして裁判では、訴える内容について、根拠となる証拠を提出しなければなりません。

提出した証拠が、証拠能力が不十分だった場合、あなたの訴えが退けられる恐れがあります。

以上のことから、裁判に発展した場合を考えて、証拠集めをしておく必要があるんです。

※裁判になった場合を想定しておくことが、あなたが泣き寝入りになるのを防いでくれます!

本当に示談で解決できるのであれば「証拠」はあまり必要ない

正直に言って、話し合いだけで本当に解決が出来るのであれば、「証拠」ってそこまで重要じゃないです。

ですが残念なことに、誠実な対応をする人って少ないんですよね。

  • 素直に白状しない
  • 不倫関係を認めない
  • 言い訳ばかりして逃げようとする
  • 慰謝料の支払いを渋る
  • 「もう会わない」という約束を守らない

などなど。

挙げたらキリがないですが、話し合いでは解決出来なかったり、相手が逃げるのを阻止するために「決定的な証拠」が必要になるんですよね。

 

不倫の証拠を集める手段は2つ!

不倫の証拠を集めるための手段は、

  • 自分で集めるか
  • 探偵に依頼

このどちらかになります。

それぞれにメリット、デメリットがありますので、あなた自身がどうしたいのかを考えて、しっかり検討して下さいね。

自分で集める場合のメリット

メリット

  • お金が最小限で済む
  • 相手の急な動きに対応できる

調査費用にかかるお金が必要最低限で済むのが一番のメリットでしょう!

探偵に依頼した場合、安くても10万円はしますからね。

また、急なデートが入った場合でもすぐに臨機応変に動けるのがメリットの一つ。

不倫という性質上、相手の予定に合わせて動く部分があるので、どうしても「急なデート」ってつきものです。

  • 今日は残業になった
  • 会社の飲み会に誘われた

など、いくらでも帰りが遅くなる理由は作れますからね。

そんな時でも、

シアン
今日はデートするのかな?会社から後をつけちゃえ!

と、すぐに行動に移せるので、急な予定の変更にも対応できるのがいいですね。

自分で証拠集めするデメリットは?

デメリット

  • 時間も労力もかかる
  • 浮気調査していることがバレるリスクがある
  • さらに精神的ダメージを受ける
  • 証拠として使えるものかどうか分からない

実は、素人が集めた証拠は、意外と「証拠」として使えないことが多いんですよ。

せっかく頑張って集めたけど、

「証拠として使えなくて、慰謝料すら貰えなかった」
「泣き寝入りになってしまった」

というケースも少なくありません。

証拠能力がきちんとあるものかどうかの判断が出来ないのが一番のデメリットと言えますね。

また、自分で証拠集めをするということは、あなた自身が不倫現場を目撃するということです。

なので、さらに精神的ダメージを受けることになるでしょう。

そして、あなたが浮気調査を行う場合、相手に勘付かれるリスクも伴います。

配偶者や不倫相手に気付かれてしまうと、会うのを控えたり、中には別れるカップルもいます。

シアン
そうなると証拠を集めることが困難になりますので注意して下さいね。
浮気の証拠を自分で集めるメリット・デメリット

こんにちは。旦那さんに浮気(不倫)を2回されてなお再構築中のシアンです。 今回は、浮気の証拠を自分で集めるメリット、デメリットについて詳しく解説していきます。 浮気の証拠を集めたい場合、 プロ(探偵) ...

続きを見る

このように、労力も時間もかけて証拠集めをするのに、証拠として使えない場合もあるため、自分で証拠集めをするのはリスクがかなり高いことを覚えておいて下さい!

探偵に依頼するメリットは?

メリット

  • 法的にも効力のある証拠を確実に確保してくれる
  • 調査していることがバレない
  • 自分への精神的ダメージが最小限で済む
  • 時間的余裕も生まれる
  • 不倫相手の特定も可能

浮気調査が得意な探偵に依頼すれば、裁判でも通用する決定的な証拠確実に集めてくれるのが一番のメリットでしょう。

配偶者や不倫相手に気付かれることなく尾行等してくれるので、相手にバレずに証拠集めができます。

シアン
悪徳業者が多いせいで怪しいイメージがある探偵ですが、きちんとした会社に依頼すればかなり親切に動いてくれますよ

そして、探偵が証拠集めをしてくれるので、あなたには手間や労力がかからず、時間に余裕が生まれます。

不倫現場を生で目撃しなくて済むので、精神的ダメージも最小限で済むでしょう。

また、慰謝料請求をする場合は不倫相手を特定しないといけないんですが、その不倫相手もしっかり特定してくれます。

なので、探偵に依頼すれば、慰謝料請求するための準備は全てやってくれるということですね。

慰謝料請求するなら不倫相手を特定しないといけない?

こんにちは。旦那さんに浮気(不倫)を2回されてなお再構築中のシアンです。 今回は、 慰謝料請求をするには不倫相手をしっかり特定していた方がいいのか? という内容について詳しくご説明していきます。 基本 ...

続きを見る

シアン
不倫相手や配偶者にしっかり制裁したいなら、探偵に依頼したほうがいいでしょう。

探偵に依頼するデメリットは?

デメリット

  • 高額な調査費用

調査費用がバカ高い!

デメリットはこれの一言に尽きますね。

安くても10万円以上はかかるでしょう。

  • お金をかけて安心を取るか(探偵に依頼)
  • お金をかけずにリスクの高い道を歩くか(自分で証拠集め)
シアン
しっかり検討して決めて下さいね。
探偵に依頼するメリット・デメリット

こんにちは。旦那さんに浮気(不倫)を2回されてなお再構築中のシアンです。 あなたはどうやってパートナーの不倫の証拠を集めますか? 自分で? それとも探偵に依頼? どちらにしてもきちんとした十分な証拠を ...

続きを見る

 

この記事のまとめ

  • 「裁判でも通用する証拠」が必要
    →泣き寝入りにならないために。
  • 集める手段は「探偵」か「自分で」
    →自分で集める場合はリスクが高いが費用は安い。
    →探偵に依頼する場合はリスクは低いが費用は高い。

慰謝料請求がしたい人は特に探偵に依頼することを検討して下さい。

裁判でも通用するような証拠が手に入らないと、慰謝料を請求してもお金が回収できない場合がありますからね。

探偵社をお探しの方は「私がオススメする探偵社」をぜひチェックしてみて下さい。

シアン
私が実際に無料相談をして、対応が良かったと思うところしか紹介していません。

不倫問題を解決させるために、あなたが泣き寝入りにならないために、両方のメリット・デメリットをしっかり把握して、検討してみて下さいね。

「決定的な不倫の証拠」の集め方!何をどうやって収集する?

今回は「不倫の証拠」について、 具体的にどのようにして 何を集めるのか 写真や動画の注意点 などの、具体的な不倫の証拠の集め方について詳しく説明していきます。 一番安心なのは、証拠集めのプロである探偵 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

更新日:

Copyright© ふりパニ〜裏切りの代償〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.