不倫の証拠【使い方編】

不倫の証拠を手に入れた後は、ぜひそれらを効果的に使って下さい!

どういう使い方ができるのか、相手に心理的なプレッシャーを与える証拠の有効活用方法についてご説明します。

 

①どのような使い方が出来るの?

確保できた「不倫の証拠」は、不倫相手や夫(妻)を話し合いの場に引きずり出すために使われます。

シアン
直接問い詰めても「不倫なんてしてない」としらを切る人が多いですからね。

証拠は離婚や再構築、慰謝料を請求する際にはかなり強力な武器になるので、有利な話の進め方が可能です。

夫(妻)や不倫相手を心理的に追い詰めるためには、手の内は絶対に見せないことがポイントですよ。

詳しくは以下の記事でもご紹介していますので、ぜひ読んでみて下さい。

CHECK!

不倫の証拠はどのような使い方が出来るのか?

 

②離婚・再構築での使い方

  • 不倫が許せなくて離婚を決断
  • 子供等の事情により再構築を選択
  • とりあえず今後どうするかは保留

など、不倫が発覚した後どうするのか、人それぞれですよね。

離婚でも再構築でも保留でも、この不倫問題を解決させるためには、「不倫していた」ということを認めさせるのが一番のポイントです。

  • 離婚することを決めた場合、証拠をどのようにして使ったら効果的なのか?
  • 再構築する場合においては、証拠を用いて不倫相手と別れさせるには?

など、離婚・再構築それぞれでの効果的な不倫の証拠の使い方について、以下の記事で詳しく説明しています。

特に夫(妻)や不倫相手に制裁したいと思ってる方はチェックしてみて下さい!

CHECK!

浮気の証拠【有効活用編②】離婚・再構築での使い方

 

③慰謝料請求について

慰謝料を請求する方法として、

  • 電話や口頭で直接慰謝料を請求する旨を伝える
  • 内容証明郵便を送付する
  • 裁判を起こす

のいずれかの方法で請求することになるでしょう。

相手が素直に応じてくれるなら示談で完了するかもしれませんし、相手もあなたも納得しなければ裁判に発展する可能性もあります。

示談でも裁判でも、「不倫の証拠」は最後まで見せないようにして下さい。

シアン
切り札は最後まで取っておきましょう!

示談、裁判、それぞれの切り出し方については以下の記事でご説明しています。

CHECK!

浮気の証拠【有効活用編③】慰謝料請求について

 

合わせて読みたい記事

この記事では「証拠の使い方」についてご説明していますが、「知識編」「集め方編」も用意しています。

証拠集めをしようとお考えの方は、ぜひ読んでみて下さい。

「不倫の証拠」について、基礎的な知識、絶対知っておくべき内容を説明をしています。

具体的に何をどう集めたらいいのか、証拠集めの方法について説明しています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

更新日:

Copyright© ふりパニ〜裏切りの代償〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.